オイル交換

オイル交換

オイル交換のイメージ
定期的なエンジンオイル交換はエンジンを快調に保つことはもちろん、エンジンの効率を高めることにより燃費の向上も期待できます。最近の省燃費型のエンジンの大半は低粘度オイルが指定となっています。これは粘度の高い(ドロドロした)オイルではなく、粘度の低い(サラサラした)オイルを使い、オイルによる摩擦抵抗を減らすことで、燃費をよくしています。本来の省燃費性能を発揮する為にも、低粘度オイル指定エンジンには低粘度オイルをご使用ください。エンジンのコンディションを良好に保つために、3,000km~5,000km走行毎の交換をお勧めします。ただし走行距離が5,000kmに満たない場合も約半年に1回はエンジンオイルを交換されることをお勧めします。高性能エンジンオイルを選んだとしても、交換サイクルが長くなるとオイルが劣化しエンジンにダメージを与えることになりかねません。また、オイルエレメント(フィルター)の交換は、オイル交換2回に1度交換されることをお勧めします。